墓じまいをして東京で墓を建てる

東京は日本の首都であり、人口が多いだけでなく、働く場所も多いところです。


そのため、進学や就職を機に東京に移住する人も多く、そのまま東京で家を購入して終の棲家にしたいと考える人が多いです。

1人1人に合ったYOMIURI ONLINEサイトで情報を入手してみて下さい。

地方出身者の場合、地元に代々受け継いできた墓を持っているため、お盆やお正月には実家に戻ってお墓詣りをしてきました。



しかしこれから先のことを考えた場合、身近に墓があったほうがいつでも好きな時に墓参りをすることができますし、お墓の状態を常に清潔に保っておくことができます。
そのため、実家近くにあった墓を墓じまいして、東京に新たな墓をたてようと考える人が増えています。墓をたてなくても、遺骨を取り出して散骨にしたり、お寺に預かってもらうという方法もあります。

墓じまいをするときには、今までお世話になったお寺さんに相談することが大事です。
その次に、お墓の中に遺骨がおさめられていますから、それを移動させるためには、お墓のある自治体からら改装許可申請書を申請して手続きをしなければなりません。



勝手に遺骨を取り出して移動させることはできないので、改装許可申請書と、再びお墓をたてるときは受け入れ証明書を発行してもらう必要があります。

墓じまいには、墓石の撤去や墓があった場所を整地して元の状態に戻さなければなりません。
そして今までお世話になった墓の管理者にもお礼をしなければならないので、まとまった費用がかかります。

費用はお寺によって異なるので、墓じまいを考えたときに相談しておくとよいです。