東京で生活する場合に考える墓じまい

地元が地方でも仕事の関係などから、東京で生活している人は多いです。

引退後地元へ戻る場合もありますが、住み慣れた東京にずっと住み続ける人もいます。



そうなると気になるのは、地元にあるお墓です。
遠くにいると管理も十分に出来ない上に、自分自身が高齢になった時など移動が困難になった時はほったらかしになってしまいます。自分が亡くなったあと後継者がいない場合や子供に負担をかけたくない場合などに、墓じまいを検討する人が多くなってきています。

エキサイトニュースの情報も多数ご用意しました。

墓じまいとはお墓を解体・撤去し墓地を更地にし、遺骨を取り出し供養を行い改葬先に納骨することをいいます。


親族やお寺に話を通して墓じまいを行ったあとは改葬先に納骨しますが、その改葬先を東京付近で見つける必要があります。


寺院や霊園が永代にわたり供養をしてもらえる永代供養を行ってくれるところや、納骨堂などの交通の便のよい室内でのお墓などもあるので選択肢は多様にあります。墓じまいは手間がかかるので忙しいなどの事情で手続きが難しい場合、費用は掛かりますが代行業者が各手続きを代行して行ってくれます。

費用の面でもお墓の撤去の工事費用や遺骨の取り出しの際の供養の費用・改葬先にかかる費用の他にもお寺の檀家を離れる際に離檀料などもかかるので、余裕をもって費用を用意したほうがいいです。また墓じまいを行うと親族やお寺などとトラブルになることもあるので、必ず事前に相談を行い勝手に行わないように気をつけましょう。