千葉で墓じまいをする

最近では千葉でも墓じまいという言葉を聞くことが多くなりました。これは千葉で管理ができなくなったお墓を処分するということであり、お墓を継承する人がいない場合やお墓が遠くあるのでお墓参りに行くのが難しいという場合などに行われています。

一口に処分といっても単に墓石を解体して廃棄すれば良いというわけではありませんし、遺骨を勝手に処分することはできません。

千葉で墓じまいを考えているという場合、まずは親戚にその理由を伝えるようにしましょう。

産経デジタルについての情報をお探しの方は必見です。

先祖の血を受け継ぐ親戚の中には反対する人がいるかもしれません。

しかし、強引に話を進めずに時間をかけて説得した方が良いでしょう。
また、お寺にお墓がある場合はできるだけ早く相談するようにしましょう。お寺は遺骨の管理人ではなくお墓を供養してきた場所であり、いきなりお墓を撤去したいと言い出したらお寺側も良い気持ちはしません。



高額のお金を要求されることもありますし、一度トラブルが起きてしまうと気まずさが残ってしまうこともあります。



また、埋葬されていた遺骨をどうするのかについても考える必要があるでしょう。

別のお墓に移動するのか永代供養墓に合葬するか、海へ散骨するかなどといった選択肢が考えられます。

遺骨を移動することは改葬と呼ばれる方法であり、改葬許可証がなければ遺骨を取り出すことはできないので注意しましょう。


ちなみに、土葬の遺骨があった場合、受け入れ先の墓地では埋葬ができないこともあるため、改葬する前に火葬を行う必要があります。

墓じまいをする際には墓石を撤去して墓所を整地し、更地の状態にしてからお寺に返却することになります。