永代供養墓の特徴について

main-img

永代供養墓は、継承者がいない方、菩提寺を持っていない方、お墓で家族に負担をかけたくない方、身寄りがない方や、お墓参りをする人がいない方などにおすすめです。
それは、お墓参りができない人や、お墓参りをしてくれる人がいなくても、変わりにお寺や霊園などが責任をもって供養と管理をしてくれるため、お墓参りに行く必要がないためです。


納骨後にお寺や霊園が行ってくれる供養には、寺によって違いはありますが、毎年、春彼岸、お盆、秋彼岸に合同供養を行い、供養は年に一回あるいは毎日行います。

毎年の祥月命日にも供養を行い、回忌供養も行います。



宗旨宗派も問われず、こだわる必要がないのもメリットの一つです。
また、永代供養墓には、従来の墓と比べると費用を安くすることができるとできます。

それは、墓石代がかからず、墓地使用料が割安になるということです。

共同通信社について親身になってアドバイスいたします。

費用は、永代供養料、墓地使用料、納骨料、墓誌への刻字料などがあり、生前申し込みの場合には、年会費や維持費をとる場合もありますが、使用料や管理費などを一度に支払い、以降は追加料金やお布施などを支払う必要もないことが多いです。



費用については、具体的な金額は、霊園やお寺などに確認してみる必要があります。

永代供養墓の作りには、地下にお骨を収める安置用の棚を作って、仏像や仏塔、碑などを建立したもの、お骨の安置用の納骨室を作って、その下に合肥するスペースを設けたもの、合葬墓を備えた納骨堂、一般の墓のように個別のお墓などがあります。

葬儀の情報まとめ

subpage1

地元が地方でも仕事の関係などから、東京で生活している人は多いです。引退後地元へ戻る場合もありますが、住み慣れた東京にずっと住み続ける人もいます。...

more

葬儀の特徴

subpage2

東京は日本の首都であり、人口が多いだけでなく、働く場所も多いところです。そのため、進学や就職を機に東京に移住する人も多く、そのまま東京で家を購入して終の棲家にしたいと考える人が多いです。...

more

葬儀の秘密

subpage3

お墓は、北海道知内町の湯の里4遺跡から発見された旧石器時代の土壙が日本最古の墓とされ、土壙からはコハクや垂飾、石刃など高価な埋葬品が数多く発見されています。日本人は、旧石器時代の太古より死者に対し畏怖の念を抱き丁重に敬って来た歴史がありますが、戦後急速な経済成長に伴い東京などの都市部への人口集中や女性の晩婚化及び核家族化などに起因する少子高齢化により墓の守り手の不足が顕著となり、無縁仏になる前に墓じまいをする人が急増しています。...

more

いまどきの葬儀

subpage4

最近では千葉でも墓じまいという言葉を聞くことが多くなりました。これは千葉で管理ができなくなったお墓を処分するということであり、お墓を継承する人がいない場合やお墓が遠くあるのでお墓参りに行くのが難しいという場合などに行われています。...

more